毛ガニ     レシートNo.228の巻

別海での用事が終わり、帰りの飛行機まで時間が余っていたので久々に納沙布岬へ足を延ばそうと、超高速走法によって移動を開始。見渡す限りの原野を突き抜け、風連湖を過ぎて温根沼の橋を渡るまでは順調だったが、その後は前に車が詰まりはじめ、スピードは一気に半分以下に落ちた。とにかく前方には長い車列が続いていて、根室市街までの間に追い越しをかけるのは絶望的に思えた。だが、何よりこの速度で進んでいては帰りの飛行機に間に合わなくなる。

そこで、「引き返す!」。

知る人ぞ知る映画の有名なセリフを発し、根室市街を目前にしてUターン。昼食がまだのせいもあり、蟹ラメーンが無性に食べたくなった。すぐさま道の駅を発見して駐車場に車を入れた。店の前には蟹ののぼりが立ち並び、蟹ラーメンへの期待が高まったが、メニューにあるのは普通のラーメンでがっかり。

そのかわり、いまテレビで放映されている「南極大陸」で使われた昭和基地内部のセットが展示されていて見学することができた。南極のロケは、この近くの原野で行われたらしい。

蟹ラーメンは食べられなかったが、売店でお買い得なものを見つけた。捥げた毛ガニの足をまとめたパックである。食べてみると身はしっかり詰まって甘みがあり、特上品だった。1パックしか売っていなかったのが残念。

毛ガニの足パック

【支出の内容】 11/20   蟹の足捥げ1パック  400円
道の駅スワン44ねむろ

これまでの歳出額 1,337,128円

コメントは受け付けていません。