〆の一品  レシートNo.208の巻

5月に23年ぶりに利尻へ、6月には18年ぶりに浜中へ、そして今回、16年ぶりに上富良野を訪ねて、思い出深い3大聖地を訪ねる北海道巡礼の旅が終わった。

北海道には年に何回もでかけるが、これらの思い出深い土地にはなかなか出向く縁がなかった。いずれの場所も20代の頃とは大なり小なり変貌していて、とくに富良野・美瑛の変化の大きさには、もう付いていけそうにもない。毎年7月になると上富良野のキャンプ場を基地として、カメラ片手に毎日丘を歩きまわっていた80年代前半~中頃と比べるともう別世界である。センチメンタルジャーニーどころか、人生にもうジャーニー~とオヤジギャグを飛ばしたくなる程だ。

さて、その旅の最後の〆に、空港で食べたホッケのカルパッチョを取り上げたかったが、値段を忘れてしまった。そこでコレを取り上げる。「サンタのヒゲ」といって、とても人気らしいのだが、個人的にはいま一つと言う感じ。メロンがもっと美味しければよかったのに。

【支出の内容】 7/17   サンタのヒゲ(大)   1,000円
ポプラファーム (中富良野)
 これまでの歳出額 1,233,412円

コメントは受け付けていません。